行政書士開業しても9割が廃業する

今日の札幌の天気は晴れで

最高気温がマイナス1度。

テレビCMを見ていても

春を感じさせるCMも出てきて

早く雪がとけてくれないかなぁ、と

仕事で移動するたびに感じてしまいます。

全日本職業野球連盟(現在の日本野球機構)が結成され、

プロ野球が誕生した日でプロ野球の日。

デュアルモニタ







1月2月は比較的時間もできて

ブログ投稿する時間もある感じ。





今日のブログタイトルは

「行政書士開業しても9割が廃業する」





書籍やネットを見ていると目にする言葉です。











自分は初めて行政書士開業したのが

平成17年12月。

行政書士登録で色々あった時期もありましたが、

もう少しで10年経とうとしています。








今まで知り合った行政書士の方は

縮小していき行政書士会報で

廃業したことを知ることが圧倒的に多く

同期で売上をどんどん上がっていったのは

ほんの数名しか知りません。

逆に自分が連絡をとっていた

行政書士が廃業していくのは

お金が回らなくなり廃業。

病気や家業を継ぐなどの理由は

見たことがありません。









今までずっとやってきて

「行政書士開業しても9割が廃業する」

というのもまんざらではないなぁ、と思います。











周りの行政書士でもアルバイトをされている方もいて、

フリーター行政書士というのは

珍しくないとこの本を見て思いました。









中小企業白書の統計を見ると

今は開業する人も多ければ、

廃業はさらにそれを上回ります。

起業して10年後も存続しているのは

たったの3%。







よく行政書士の開業相談を受ける度に

聞かれるのが「肝にめいじていることはなんですか?」









いつも「この世界油断すると死ぬので、命かけてやっています。」

と言っていますが、毎度引かれてしまいます(笑)

自分が大失敗した年は札幌で弁護士自殺者もいて

自分みたいな人間ならまだしも弁護士まで自殺??

本当に甘い世界ではないと嫌というほど感じました。

当時、自分が依頼していた弁護士に聞いたのですが、

その年の数年前にも弁護士自殺があったようです。










「起業して10年後も存続しているのはたったの3%という統計」

「行政書士の90%は廃業していく」

「年商500万円未満(年収ではなく年商)の事務所が、全体の75.9%?」

この数字をネットや統計を見て生半可な気持ちでやれる世界ではないのは

数字が物語っているといえます。










自分が行政書士開業したときは

行政書士にとってのバブル商品があり

波に乗りやすくWEBサイト営業も

盛んではなくやりやすい時代だったと思います。

今においても行政書士にとって

有益な商品はもちろんたくさんありますが、

何も考えず自分の商品を選択する方も

多いのかなぁ、と相談を受けていて感じます。






「起業して10年後も存続しているのはたったの3%という統計」

「行政書士の90%は廃業していく」

「年商500万円未満(年収ではなく年商)の事務所が、全体の75.9%?」

を考えると「行政書士商品を選択」が

いかにウエイトが高いかがわかります。












行政書士試験時代は勉強2年目、3年目です、

という方はゴロゴロいましたが、

開業した途端、開業20年、開業30年の

大ベテランの方がゴロゴロいて、

依頼者からしたらサービスが良ければ

開業1年目でも20年目でも関係ないと思いますが、

そういった方々と渡り歩いていく世界です。












zeirisi


こちらは弁護士で有名なアディーレ法律事務所・・・・ではなく、

税理士法人アディーレ会計。税理士業務や会社設立をされていますね。

昨年、東京の税理士関係の方から聞いていましたが、

あっという間に北海道内に支店展開もしていくのかなぁ、と思います。

行政書士にとっては会社設立会得のハードルがさらに上がります。












bery-best


こちらは弁護士法人ベリーベスト法律事務所。

税理士法人ベリーベスト、

社会保険労務士ベリーベストが隣接。

さらに行政書士が常駐してビザ申請。

こちらも支店展開で行政書士にとっては

ビザ申請会得がさらにハードルが上がります。










関東関西のWEBサイトを見ていると

まだまだありますが、

いつの時代もハードルはたくさんあって

それらをくぐり抜けたり軌道修正したり

悩んで勉強してようやく突破できていきます。








普段、連絡をとる行政書士には

もう1人でやれる時代じゃない、

というのはよく言いますが、

新人行政書士の方に「今開業してたらどうやるか?」

とも聞かれますが、

「1人ではやらない。1つの物件を複数行政書士でシェアする」

と答えています。




1月は当事務所でも札幌の行政書士が受任したが、

放置されてウチの事務所が対応した事例を

2件程やりました。

1件は解決済みで、もう1件は来週納品して終了となります。






今は単に書類作成を覚える、WEBを立ち上げた、

DMを打ってみた、そんな簡単にやっていけるほど

甘い時代ではありません。






常に自分の人格向上に努めて、接客を向上させ

自身も営業マーケティングを

とことん勉強して向上させていく時代かと感じます。









コメントを残す

このページの先頭へ