当事務所スタッフの1年半勤務してみての感想 | 求人募集

今日のブログはそろそろ求人募集をしようと思いますので、

当事務所で勤務しているアルバイトスタッフの方に

1年半勤務してみての感想を書いて頂きました。


当事務所スタッフの1年半勤務してみての感想








当事務所で勤務1年半が経過したスタッフ(女性30代後半-扶養範囲内-夫-子供2名)に今まで勤務してみての感想を書いて頂きました。

当事務所は過去に士業からのご紹介でアルバイトを雇用したことがありますが、その方は東京の社会保険労務士事務所で勤務してみたい、との希望があり自己都合で離職されましたが、WEBサイトやハローワークから求人募集を見て採用に至った方では、離職者が1名もおらず、長い方だと約10年近く一緒に仕事をしたり、次に長い方だと5年のお付き合い、次に2年のお付き合いが続いています。


私自身も、長く勤務して頂くには職場環境、作業しやすい環境、明るく楽しく、主婦の方や子供がいても事務所側が柔軟に対応してあげられる環境を整え、システムを効率化向上させ「子供が今日風邪を引いたのでお休みさせてください」というのも、勤務している方が恐縮しながら言うのではなく、言いやすい環境を自分が提供していかなければならないと考えて実行しております。


私は昨年より主婦の方や子供がいらっしゃる方、事務所の福利厚生を学びに2ヶ月に1度の割合で東京での研修にも参加するようになりました。


当事務所は札幌運輸支局近隣にあり、バス停は近いですが地下鉄駅が徒歩13分程度と立地は悪いですが、上記を常に心がけ福利厚生が良くなるよう色々なことを試しては、失敗すればやらない、スタッフからも評判が良ければ実行するようにしています。


下記は当事務所で1年半アルバイトをしている、行政書士、社会保険労務士事務所未経験のアルバイト勤務の方に感想を書いて頂いたので、これから求人募集に応募を考えている方は参考にしてください。

私は行政書士や社会保険労務士試験に合格してから開業しましたが、実務経験もなくスタートしました。面接の際に「経験が無い」と言われる方がいらっしゃいますが、やれば覚えられる仕事ですし、ミスは人間ですのであって当たり前。そんな中皆がどう協力してミスを減らしてより良い質の高いサービスを提供していけるかだと思います。


事務所スタッフも全員が異業種から来ており、経験者はいないのが特徴です。下記の感想を書いて頂いたアルバイト女性も、最初はレターパックの出し方もわからず、封筒に切手を貼るときの切手料金を教えるところからスタートしましたが、1年後には事務所内で一番社労士ソフトを使いこなせるようになり、社労士ソフト会社とも直接話しながら業務を進めており、ハローワークや年金事務所の書類も非常に強くなりました。もちろん彼女の日頃の努力があってこそですが、労務・法務事務経験があることや資格があるかどうかは、まったく判断材料にしていませんので、未経験者様でもご遠慮なくご応募ください。







社会保険労務士補助者を希望した理由は?

行政書士、社会保険労務士福田事務所の求人募集に応募した理由


出産をきっかけにそれまで働いていた会社を退職しました。いつか社会に戻って働きたいと思い、その際に武器になる知識を付けたいとそれまで興味がありながらまだスタートしていなかった社労士試験の勉強を始めました。やる気はありましたが、夜泣きをする子どもを抱えての独学ではなかなか身に付かず、焦りと不安の中で過ごしていました。

そんな折り、福田事務所での募集を知り、社会保険労務士業務の経験も全くないにもかかわらず強い力に突き動かされるように応募しました。



「社会保険労務士、行政書士福田事務所」で働き続けられた理由は?

まず未経験でも続けられたのは、仕事の指示内容が明確丁寧で、分からないことは聞きやすく一つ一つ覚えていける環境でした。間違ってしまった時にも、その報告をすると冷静に対処方法を教えてもらいました。ハードルが少しずつ上がっていき、気付けば色々な業務の知識や幅ができてきます。

また、2人の子どもがいても続けられたのは、子育てに理解があり、幼稚園の行事や子どもの病気・リハビリなど、家族の事情にも寄り添っていただけたことです。最近では、子どもが熱を出したときに自宅で子どもの看病をしながら仕事ができるようにシステムの構築が始まりました。




「社会保険労務士、行政書士福田事務所」の好きなところ、おススメするところ

所長の「明るく楽しく仕事を」という信念が、「明るく楽しい」人々を呼び寄せ、とても温かい雰囲気の中で仕事をできていることです。皆さんそれぞれに描く将来像があり、それに基づく知識欲・行動力でとても活気があります。

仕事の上では、自分なりに効率的にと考えた方法を相談しやすいことです。慣れてきた頃に作業方法や作業順を任せていただいたことで、頭をクリアに自分らしく仕事ができています。



現在はどのような業務を行っていますか?

新たに会社設立をした労働保険や社会保険の適用手続き、既存事業所の従業員の入退社の手続き、労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届の提出などを行っております。



業務で大変なことは何ですか?

社会保険労務士業務はいくつかの流れで出来ています。お客様それぞれのケースで今現在どの段階まで進んでいるかの把握をしている必要があります。終了まで自分で責任を持ってやり遂げることが大切になります。大変ではありますが、とてもやりがいのあるところでもあります。



今後のキャリアプランは?

社会保険労務士業務はまさに人を身近に感じながらの業務で、会社で働く方の様々な人生の節目に手続きが生じることが多くあります。そのような節目で迅速に確実な手続きをすることで、安心感と信頼を得られるような人材になりたいです。多様なケースを経験することで得た知識を応用し、よりよい提案をしていけるよう成長したいと思います。



繁忙期について

毎年6月~7月は年度更新や算定基礎届で仕事量が増えます。また、入退社の多い春や秋、季節雇用の終わる年末の時期、それぞれに忙しさはあります。忙しい時期を乗り越える度にスキルアップを実感できると思います。残業などはありません。その分スケジュールをしっかり管理する感覚も養われると思います。



最後に「社会保険労務士、行政書士福田事務所」に応募を考えている方たちに・・・

毎日お客様から様々な手続きの依頼があります。日々の業務がとても刺激的で、1年目から幅広い経験をすることができます。初めは不安もあると思いますが、階段を一段一段昇るように慣れてくると思います。事務所全体としても、樹木の幹や枝が伸び、葉やつぼみ・花をつけるような変化を肌で感じます。これから更に咲く花の色を楽しみに一緒にがんばりましょう。


コメントを残す

このページの先頭へ