その位置まで行かれての後悔は何ですか?

今月2度目のブログ更新となりました。

約2週間ぶりのブログです。



兵庫県神戸市

先週金曜日の夜の飛行機に乗って行政書士の方で

兵庫県神戸市まで行ってきました。

約3年前から年に何度か通うようになり、

たぶん、10回目ぐらいの神戸市になります。






今回の神戸市は自分の今までを振り返る

機会にもなりました。



金曜日の神戸行きの飛行機に乗る日は

飛行機が遅れて神戸空港到着が22時ぐらい。

そのままホテルに行き食事も終えると深夜0時。


翌日土曜日午前だけ自由時間があったので

三宮駅周辺を観光したりして

午後からは全国各地の行政書士が集まり勉強会に参加。

行政書士が行う許認可も制度変更が多く

電子申請も増え常に勉強していかないと着いていけなくなります。

自分なんかは日々、営業や役所に行ったりしていると

新しい情報を手に入れる暇もなく、

こういった集まりに積極的に参加していかないと

あっという間に時代遅れになってしまう感じです。



今回の神戸市は自分の今までを振り返れる

きっかけになった気がしています。



行政書士開業して、トータル11年が経過し、

今年12月で12年目になります。











行政書士開業当初は自信もなく

自分が開業したときはブログが流行し

ADSL接続という常時接続が当たり前に

なり始めた時代で、ホームページを作って営業しようと決めて、

当時、法改正が行われた1円会社設立の波に乗れたらと思って

行政書士開業しましたが、社会経験も少なく27歳だった自分には

わけもわからず夜中に団地に行ってはビラまきをやってみたり、

営業の本や成功哲学を読み漁っては真似してみたり、

開業したときの季節は冬で深夜は除雪のアルバイトもしていました。





行政書士実務なんてわかるはずもなく

それでも来た業務は断らず役所に何度も聞いて調べて

本も大量に読んでは一つ一つこなしていました。

相談できる人がいなかったのは辛かった、と今でも感じます。

そんなとき、深夜に家でホームページを全国各地の行政書士を見てまわっては、

「あー、行政書士だけでも運営できている事務所ってあるんだなぁ」と眺めていました。











ある統計資料を見ると行政書士の平均年商が300万円、という

資料なんかもあって「俺、本当に行政書士でやっていけるんだろうか!?」と

不安になってはネットで見つけた成功している行政書士を見ながら

自分を奮い立たせていました。




あるとき、たまたま関西の行政書士事務所のサイトを見ていると

「スタッフ140人」という表示。「行政書士事務所で140人!?」



当時はこの行政書士事務所を見つけて衝撃を受けました。



「平均年収ではなく平均年商が300万円という統計資料が存在する

行政書士業界で140人という数字は売上がいくらなんだろう??」

「この組織を作った行政書士は誰だろう??」

「こんな事務所様と仕事してみたいなぁ」

「どんな設備の事務所なんだろう・・・」

「代表者ってどんな人だ!?」

「何歳でこんな行政書士事務所作ったんだ??」

・・・・・・

・・・





色々な思いがありましたが自分が辛いときは

このサイトを見ては、こんな売上を上げられる

行政書士がいるのだから、自分も頑張ろうと

励みにしていた行政書士事務所です。





あるとき、お声をかけて頂き神戸まで行き

お仕事を頂けるようになったのですが、

今回の神戸に行ったときに食事の席で会長の隣に座らせて頂き、

今までたくさんのアドバイス頂き、船井総研に入ったこと、

盛和塾に入ったこと、スタッフの構成もアドバイス頂いた通り行い、

お勧めされた方はアポを取りお会いしてきたこと・・・など

お話させて頂きました。



色々お話させて頂いたのですが

帰り際に「明日ホテル迎えに行くから用意しといてくれ」と言われ、

翌日本当に自分のホテルまでお越し頂き

会長と二人でずっとお話させて頂きました。







兵庫県神戸市の夜景



自分が行政書士開業当初、つらかったとき

インターネットを見ては「いつか、こんな行政書士の組織を作った人と会ってみたい」と

思っていましたが、行政書士開業から11年経って

日本一の行政書士組織を作った方と2人っきりでお会いし

ホテルまでお越し頂きお話させて頂けるとは夢にも

思わず幸せな時間を過ごせました。




もう自分の質問だらけで「自分は今〇〇をしているのですが、いいのでしょうか?」

「何に気を付けたらいいでしょうか?」

「人員は正社員X人で、アルバイト〇人です。どう思われますか?」

「会長が最前線でお仕事されてたときのスケジュールは??」


しまいには、「1日朝、昼、夜の3食食べるんですか?」という質問まで(^^)/








神戸市、六甲山


生まれて初めて行ったのですが六甲山にも行き

初めて神戸市六甲山からの景色を2人で見させて頂き、

ずっと聞きたかったことがあったので質問してみました。


「その位置までいかれて後悔していることはあるのですか?」

「それだけの行政書士組織を作って、欲というのは出るものなのでしょうか?」





ずっとお会いしてみたかった行政書士の方に

このような質問ができてすごく幸せでした。

たぶん、1対1でこんな質問できるチャンスはもう無いかもしれない、

とさえ感じてしまいます。




自分がいくら背伸びしても上を見上げても

追いつかない位置に行かれた方です。

成功体験は真似できなくても、

この方の思える後悔や失敗は自分も

きっと避けれるのではないかと思い

質問させて頂きました。




帰りは空港までお見送り頂き札幌まで帰ってきましたが、

飛行機の中で色々思い返していました。

今回の神戸市は本当に今まで行政書士の業界で辛いこともたくさんありましたが、

頑張って来て良かった、と思えた瞬間でした。




今から10年前、日中は行政書士として自営業をして、

夜中は除雪アルバイトで体はいつもクタクタになっていました。

行政書士実務にも慣れが無く役所を走り回って、

営業もしてお客様にも頭を下げる毎日。


あのとき、日本一の行政書士組織を作った人と

10年後に1対1で会話をして質問をしている自分の姿は

想像すらしていませんでした。




ちなみに、「僕は次何をしたらいいのでしょうか? 迷っています」という質問には

「結婚したら札幌までお祝いに行くから、早く結婚せえ」とのことでした(笑)




色々頑張りたいと思います!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ